Breaking News

Concept

Power of Yoga Squat

先ずは呼吸です!

多分一般的なヨガの講師は、呼吸を深くすることを生徒様に伝えると思います。
私も当初同じように深い呼吸が良いです。いっぱい吸っていっぱい吐きましょうと指導してきました。
呼吸を鍛える方法は色々有りますが「ヨガスクワット」 こそが最高の呼吸筋を鍛える方法です。
肺は空気の出し入れで伸びたり、縮んだりするように思われがちですが、実際は肺そのものには自動的に動くではなく、肺の下にある「横隔膜」(おうかくまく)を使って肺を大きくしたり小さくしたりします。
息を吸うとき、この「横隔膜」が収縮し下に移動し胸郭が上下に広がり、それにつられて肺が膨らみ空気が入っていきます。
「呼吸にとって最も重要とされる筋肉は「横隔膜です。

このほかにも、日常の「安静時呼吸」では、主に姿勢筋ともいわれる横隔膜、肋間筋、腹筋群、骨盤底筋群を使っています。
また運動時前後の呼吸は「努力性呼吸」といって、安静時呼吸筋に加えて首・肩・背中、鎖骨周辺の筋肉も使っています。
そこで、このヨガスクワット は一番重要と言える横隔膜、肋間筋、腹筋群、骨盤底筋群
をドンドン鍛えていくことが出来るのです。
その他背中周辺の筋肉、「僧帽筋 広背筋 脊柱起立筋」もヨガスクワットで鍛えられます。
いつまでも健康でいる為に重要な呼吸筋をドンドン鍛えていくことが出来るのです。
私は生徒様にいつも言うことがあります。
話しましょう!、笑いましょう!、歌いましょう!全て呼吸です。呼吸筋を鍛えることはとても重要です。
貴方の声に力がないのも呼吸筋がないからです。
貴方がイライラしているのも、熟睡できないのも、精神的にバランスが悪いのも、姿勢が悪く肥満なのも呼吸筋が弱く良い呼吸が
出来ていないかもしれません。

★なぜ貴方は、早く老いる!!

人間の下半身には全筋肉量の約70%が有り「20歳から筋力が衰える」と言われています。
人が、歳を取った「老いたと感じるのは下半身、足腰が衰えた時」ではないでしょうか。
私達夫婦は15年間のヨガ講師歴がありますが、以前は二人共歩くのが大嫌いでした。
ところがヨガレッスンにスクワットを多く入れたところ、天神の町並みを平気で
テクテク歩けるようになりました。とにかく歩くことに疲れを感じないのです!
この様に、下半身は人の要で活動力を上げる最たるものです。

人は一人一人運動能力が違います。その人それぞれに合わせたスクワットが可能なプログラムです。
例えば膝を曲げる角度は、25度、45度、90度とあり、25度から徐々に難度が高くなります。
身体に故障がある方はイスや壁を使ってすることも可能です。
Masuが考案したヨガスクワット は全身運動です!
先ずは、人間の一番大きな関節、股関節、二番目に大きな関節肩関節この二つの関節周りに筋肉は
なんと、70近くあります。その筋肉をいとも簡単に動かすようにポーズがあります。
それが考案できたのは、このサイトのSquat-Master Aboutに記述してあるように、九州の大自然の
中でヨガをすることで考えついたものです。やはり自然のパワーは底知れません。
ひざや股関節に負担をかけないスクワット、ご自身の運動能力や健康状態に
合わせて行うことが出来るように、普段運動をされていない人も是非、初めて下さい。
老いはご自身でコントロール、健康で活発な人生のために皆様ご一緒にスクワットを生活の一部にしましょう。
スクワットマスターは正しいヨガスクワット を指導します。

「万能すぎるトレーニングYoga Sqaut!!」

呼吸、身体の声を聞きながら、身体 全体の伸縮を促し、整え、鍛え、
伸ばしていくストレッチ的な動きで行います。

バランス良く鍛える動きは「細くてしなやかな強い筋肉」を作ります。

特に、大きな関節を共に動かし脂肪を燃やし、常に姿勢を気にして身体を痛めない様にしていきます。

簡単な動作で何方でも、短時間で信じられないほど身体に対するアプローチができます。

若年層から高齢者、アスリート、障害を持っている方まで個々に合わせたスクワットができます。

「一生自分の足で歩き、生涯現役になる」

日本の平均寿命は男性80.21歳、女性86歳ですが、

健康寿命と言いますと!

★男性71.19歳(寝たきり年齢9.02歳)

★女性74.21歳(寝たきり年齢12.4歳)

(厚生労働省健康推進資料2014年)

「身体は動かせば進化、動かさなければ退化、考えることを止めれば、Mindlessとなる!」

「少ない時間で効果の高いヨガスクワット !!」

「一般的なスクワットとの違い」

呼吸を意識して身体全体を流れるように動かし、

身体全体の筋肉と呼吸筋を活性化します。

多くのスクワットポーズがあり、一つ一つのポーズには

身体の部位を様々な形で動かすプログラムが有ります。
Masuが考案したヨガスクワットは、身体全体の筋力トレーニングでもあり
キツそうなイメージがありますが、「70歳の女性が100回のスクワット」を
安心安全に出来る様になります。

Banno夫妻、夫婦で50歳若い!!

「老化の原因の最たるものは、呼吸筋の衰えと下半身の筋力低下、この2つ鍛えれば生涯現役!!』

「老化の原因(1)呼吸筋の衰え」

何故こんなに多くの人達が身体を動かすことを嫌い、
元気が無く、老けているのでしょうか。
それは、呼吸筋の衰えが原因です。ヨガでは呼吸のことを気の流れと言います。
その「気」は普段の呼吸が大きく影響するのです。
元気がない人は「呼吸筋」が弱く活力が衰えています。
だから、何もしたくないのです。
「話さない、笑わない。歌わないは」既に呼吸筋が老化しているからです。
ヨガスクワット で重要なところは、呼吸筋を強くすることです。

「老化の原因(Ⅱ)下半身の筋力低下」

下半身の筋力が衰えれば、歩くことが嫌になり、家の中にいても動かなくなります。
そして、外出することが嫌になります。
⼈間の下半⾝には全筋⾁量の約70%が有り、20歳から徐々に

筋⼒が衰えると⾔われています。

⼈間が⽼いたと感じるのは、」下半⾝(⾜腰)が衰えた時です。

先ずは、硬いと感じる場所から筋膜リリースをして、イス、

壁などを使ってひざや股関節に負担をかけないスクワットを指導し。

*普段運動していない生徒様や、身体に故障がある方など、体調に合わせたスクワットを指導できる様に

なります。

「Yoga Sqautはきつくない、70歳以上の女性が100回できるようになる!」

「呼吸筋(横隔膜)を強化」

ヨガスクワット をする上で、大切なのは呼吸筋です。
ヨガスクワット のレッスンでは、呼吸筋(横隔膜)を強化することを
意識し自律神経のバランス良くする様に指導します。
「正しい呼吸ができる様になると」
不眠症、糖尿病、高血圧、心臓病、消化性潰瘍、腰痛、便秘、
下痢、肥満の予防、糖尿病、リウマチ、ぜんそく、うつ病、神経症、
肩こり、冷え性の改善をすると言われています。

身体の筋肉群は使えば進化、使わなければ退化!

身体の中で一番大きい関節、股間節、

二番目に大きな関節、肩関節(肩甲骨)
を動かすヨガスクワット です。

大きな関節を2つを動かし、身体全体の筋肉を使い細くて強い筋肉を作ります。
「効果」

痩身、アンチエイジング、足腰強化、骨粗しょうの予防、免疫力の向上、認知症予防、尿もれ防止、

便秘改善、自律神経のバランスを整える、ダイエット効果があると言われています。

「筋肉のバランスを整える動き!」

アイソトニック(動的な動き)、アイソメトリックス(静止 )です。
アイソト二ックは負荷の調整をしながら、動きにより筋肉の収縮ができ、細くて強い筋肉を作ります。
アイソメトリックは(静止)をして、ポーズを突き詰め強い筋肉を作ります。
但し、女性の場合はボコボコした筋肉を嫌う傾向がありますので、アイソメトリックの時間は短く取っています。
アスリートの選手などは、筋力を付けるため、静止時間を長く取ることもあります。
但し、硬い筋肉は壊れやすいので、トーニングのポ−ズを取り入れます。

寝たきりNO!!今、「Yoga Sqaut」を必要としている日本人は数千万人!」

「世界中でSquatが熱い!」

「★様々なスクワット本が出版されています!」

  • 世界一痩せるスクワット(超簡単1日3分」
  • 筋肉がプリッとよみがえる!おしりスクワット [書籍]
  • 死ぬまで歩くにはスクワット
  • 本当に必要な「ゆるスクワット」と「かかと落とし」: 骨と筋肉、どっちも大事。ほどよい運動で若返る。
  • ひざ・股関節の痛みは週1スクワットで治せる! (“筋肉ドクター”が教える特効筋トレ)
  • 1日2分で一生歩ける体に! 世界一ゆる~いスクワット [書籍]
  • 週1回15分スクワット 還暦でビキニになる!
  • スクワットでやせる!: 知って得する! 知恵袋Books [書籍]
  • 死ぬまで歩ける足腰は「らくスクワット」で作りなさい [書籍]
  • くびれる1日10回スクワット [書籍]
  • 尿もれがピタッと止まる骨盤体操&スクワット [書籍]
  • 一生太りたくないなら、1日1分のスクワットで十分!モチベーションアップの方法も網羅。
  • スクワットひとつで人生までもが変わる!スクワットには、足腰を鍛えるだけではなく、免疫力向上、認知症予防、尿漏れ防止、便秘改善、心を前向きにする作用など、たくさんの響くべき効果が隠されているのです。
  • 老後の心配はお金、それとも健康ですか?
    お金は使わなければ減りませんが、筋肉は使わなければ減ってしまいます。
  • 世界一やせるスクワット: 超カンタン!1日3分で効果絶大! [書籍]

ヨガは呼吸器系の疾患に付いて良い!

厚生労働省では、ヨガの呼吸法はCOPDに良い効果があると理論付けました。慢性閉塞性肺疾患(COPD:chronic obstructive pulmonary disease)とは、従来、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。 タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで生じた肺の炎症性疾患であり、喫煙習慣を背景に中高年に発症する生活習慣病といえます。

厚生労働省 総合医療 呼吸器系の疾患に付いて→

メトロボディックシンドロームってなに?

メタボリックシンドロームや認知症,うつ病などの予防や治療法として運動の重要性はよく知られ ている.しかし,その運動の基本である運動器そのものの健康に関する人々の認識は必ずしも十分ではない.

日本は超高齢社会を迎え運動器疾患が 50 歳以降急増している.その多くは人の歩行,移動の障害にかか わり,要介護の主な原因の一つである.実際,要介護者の 24.0% は運動器障害がその直接の原因となって いる.

メタボリックシンドローム厚生労働省→

ロコモティブシンドロームってなに?伸ばそう健康寿命

ロコモティブシンドローム(運動器症候群、通称「ロコモ」)は、運動器がおとろえ、日常生活の「立つ」「歩く」などの動作が困難になる状態のこと です。全国では、ロコモの予備群も含め約4,700万人、70歳以上では95%以 上の人が当てはまるといわれています。